18GHz ネットカウンティシステム システムの概要

HOME » 福岡県飯塚市実験局トップ » システムの概要

当実証実験では、基地局として九州工業大学キャンパス内に主装置と基地局アンテナ(左右角90度)1基を設置し、地上波デジタル放送(福岡県内民放2局)の放送コンテンツ再送信とDVD機器を用いたコンテンツ配信による自主放送、インターネットを含むデータコンテンツ送信を行います。そして基地局より半径3km圏内の5箇所に設置した子局側にて地上波デジタル放送と自主放送の受信、ブロードバンド通信を同時に送受信し、その性能を検証しようとするものです。

システムの概要

18GHz帯無線によって、実験基地局を中心とする左右90度、半径3Kmのエリアに「地上波デジタル再送信」「OFDM自主放送」「双方向データ通信」を一挙に行えるネットワークを構築し、その性能、品質の確認を行います。

地上波デジタル放送難視聴、ブロードバンド環境の未整備、地域行政サービス等これらの課題を一挙に解決するインフラとしての有用性を検証します。

福岡県飯塚市実験局の概要

実験開始

2007年5月より

実験基地局

福岡県飯塚市 国立大学法人 九州工業大学 飯塚キャンパス内施設

子局

近畿大学九州短期大学、飯塚市公的施設など福岡県飯塚市市内5ヵ所

福岡県飯塚市実験局付近地図

  • ページの先頭へ