18GHz ネットカウンティシステム プロジェクトの紹介

HOME » 福岡県飯塚市実験局トップ » プロジェクトの紹介

※各写真をクリックすると拡大写真が表示されます

プロジェクトの紹介 総務省では2010年度までにブロードバンド環境の全国普及に加え2011年には地上波の完全デジタル化を目標に掲げています。しかしながら、一部の山間部や離島などにおいては2011年の完全デジタル波移行による地上デジタル放送のサービスが受けられない地域やブロードバンド環境の未提供地域などの課題(デジタルデバイド)が発生することが懸念されております。
このようなデジタルデバイド地域においては、地理的条件などからインフラ整備に多大な費用がかかることが予想され、これらを解決する手段がないのが現状でした。

プロジェクトの紹介 そこで、「福岡県飯塚市ワイヤレス・ラストマイル実証実験プロジェクト」は福岡県飯塚市の協力を得て国立大学法人九州工業大学(飯塚キャンパス)、近畿大学九州短期大学や飯塚市内公共施設、通信システム機器・無線システム機器各社が参加して2011年の地上電波完全デジタル化を睨み、地上デジタル放送難視聴地域の解消、ブロードバンド環境の整備促進、地域行政サービスの効率化などデジタルデバイドの解消を目指したワイヤレス・ラストマイルシステムの一つとして実証実験を行うことを目的に開始されました。

プロジェクトの紹介 さらに、実験期間中にはこのシステムを使った様々なアプリケーションの開発や検証も行う予定です。

  • ページの先頭へ